インターTOMAS2001年に株式会社リソー教育の進学個別指導塾TOMASの英会話スクール部門としてスタートしました。2013年に株式会社インターTOMASとして分社化した後、2020年に再統合し、株式会社リソー教育インターTOMAS局となります。
 これは当初、純粋な英会話スクールとしてスタートしたインターTOMASが、生徒様の英語習得に加えて進学指導の役割を果たす機会が増えたことから、進学個別指導塾TOMASと連携したことによります。別会社ですと内部の様々なやり取りに業務委託手数料、消費税が発生することになり、ひいては生徒様のご負担が増えることになりますので、それを避けるための合併です。
 ただし、発足当時とは異なり、進学個別指導塾TOMASから独立したブランドとなります。合併後もこれまでのインターTOMASとなんら変わることはございませんので、ご安心下さい。
  
 

 純粋な英会話スクールからスタートしたインターTOMASですが、現在では英語が話せるようになるだけでなく、通われた生徒さんが国内外の難関大学、高校、中学にも進学されるようなスクールになりました。
  先般、大学入試改革における英語民間試験利用が見送られることになりましたが、そうであっても難関大学の入試において英語の配点は高く、内容も高度であることから最重要戦略教科といえます。
 難関大学合格に必要な勉強時間は高校3年間で3,5004,000時間とも言われますが、実は英語の習得だけでも同じくらいの時間が必要です。つまり、やり方を間違えると英語の習得も大学受験も中途半端となり、二兎を追うものは一兎をも得ずということになってしまいます。
 インターTOMASは生徒一人一人の将来の夢、夢の志望校をふまえ、どの時期にどの様な内容をどの位学習するか、個人別カリキュラムを構築して取り組んで頂きます。
 英語の習得は付け焼刃では通用しませんが、毎日毎日、地道な努力を続けることで得る成功体験は他の教科に生きるだけでなく、人生の財産ともなるはずです。
 「英語を学ぶ」のではなく、「英語に学ぶ」というインターTOMASの発想でみなさんも英語を人生の強い味方にしてみませんか。
 
 

西山博一

事業責任者
インターTOMAS局 局長
西山 博一

西山博一

事業責任者
インターTOMAS局 局長


西山博一
Hirokazu Nishiyama
 
 

2020年会社合併について

 
 インターTOMAS2001年に株式会社リソー教育の進学個別指導塾TOMASの英会話スクール部門としてスタートしました。2013年に株式会社インターTOMASとして分社化した後、2020年に再統合し、株式会社リソー教育インターTOMAS局となります。
 これは当初、純粋な英会話スクールとしてスタートしたインターTOMASが、生徒様の英語習得に加えて進学指導の役割を果たす機会が増えたことから、進学個別指導塾TOMASと連携したことによります。別会社ですと内部の様々なやり取りに業務委託手数料、消費税が発生することになり、ひいては生徒様のご負担が増えることになりますので、それを避けるための合併です。
 ただし、発足当時とは異なり、進学個別指導塾TOMASから独立したブランドとなります。合併後もこれまでのインターTOMASとなんら変わることはございませんので、ご安心下さい。
  

これからの英語の取り組み方について
 

 純粋な英会話スクールからスタートしたインターTOMASですが、現在では英語が話せるようになるだけでなく、通われた生徒さんが国内外の難関大学、高校、中学にも進学されるようなスクールになりました。
  先般、大学入試改革における英語民間試験利用が見送られることになりましたが、そうであっても難関大学の入試において英語の配点は高く、内容も高度であることから最重要戦略教科といえます。
 難関大学合格に必要な勉強時間は高校3年間で3,5004,000時間とも言われますが、実は英語の習得だけでも同じくらいの時間が必要です。つまり、やり方を間違えると英語の習得も大学受験も中途半端となり、二兎を追うものは一兎をも得ずということになってしまいます。
 インターTOMASは生徒一人一人の将来の夢、夢の志望校をふまえ、どの時期にどの様な内容をどの位学習するか、個人別カリキュラムを構築して取り組んで頂きます。
 英語の習得は付け焼刃では通用しませんが、毎日毎日、地道な努力を続けることで得る成功体験は他の教科に生きるだけでなく、人生の財産ともなるはずです。
 「英語を学ぶ」のではなく、「英語に学ぶ」というインターTOMASの発想でみなさんも英語を人生の強い味方にしてみませんか。
 

 
インターTOMASの沿革をご紹介します。
まだ道半ばですが、着実で確かな歩みを続けております。
 
インターTOMASの沿革をご紹介します。まだ道半ばですが、着実で確かな歩みを続けております。
2001年

進学個別指導塾TOMASの「国際教育局」として留学事業をスタート

2008年

インターTOMAS1校舎目となる「インターナショナルTOMAS荻窪スクール」開校

2012年

「インターナショナルTOMAS」から「インターTOMAS」へとスクール名を変更

2013年

株式会社リソー教育から分社化し、株式会社インターTOMAS設立

英会話スクールと進学塾とが融合した英語スクールとして、生徒様の英語習得に加えて、中学、高校、大学等の進学指導の役割も果たす

2020年

進学個別指導塾TOMASとの連携により、株式会社リソー教育に再統合

株式会社リソー教育インターTOMAS局として、現在、東京、神奈川、千葉に11校(併設校を含む)を展開中

 
インターTOMASの組織概要はこちら

 
 
インターTOMASのご紹介
 
 


おすすめコンテンツ
無料体験レッスンお申し込み
資料請求
デジタルパンフレット
在学生専用サイト入り口
首都圏・東京スクール一覧
求人情報・社員募集
自宅学習ツール
講師募集
無料体験レッスン お申し込み
資料請求
デジタルパンフレット
在学生専用サイト入り口
首都圏・東京スクール一覧
求人情報・社員募集
自宅学習ツール
講師募集